アクセスランキング
FC2ブログ

近親相姦体験談

近親相姦・禁断の体験の告白

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹と複雑な関係に


Category: 兄妹/姉弟   Tags: ---
僕は24歳で二つ上の26歳の姉がいます。

姉はかなりの巨乳で巨乳好きの僕には絶好のオナネタでした。

いつも、何気なく見るとメロンの様にふっくらとしながら先はツンと上を向いていて何ともエッチっぽく、許されるなら満足いくまで後ろから円を描く様に揉みながらバックで入れたら最高だろぉなと妄想オナニーに励んでいました。

しかし、社会人になった頃溜まりに溜まっていた僕は我慢出来ずに留守だった姉のブラを借りオナニーしていました。

姉のつけたブラを見ていると愚息子は未だかつてない程反り返り、はち切れんばかりの息子を何度もしごきながら、姉のブラを内側から舐め絶頂に達しそぉな時でした!

姉が僕の部屋に入って来て言葉を発する事も出来ずパニックになっている僕に姉は優しく微笑み、前から知ってたし怒ってないよと言いました。

 

スポンサーサイト
FC2動画 - http://video.fc2.com/
いつでも、どこでも、好きなだけ。お好みのエロ動画で。
【40歳以上でもペニス増大】最短3日で実感!5cmは当たり前?
「妻がチンコ入れられて失神するのをはじめてみました(笑)」
[PR]

テーマ : 近親相姦    ジャンル : アダルト

私と息子の秘密


Category: 父娘/母子   Tags: ---
私は48…23歳の息子と10年前から2人で暮らしています。

息子が私の汚れた下着でオナニーしてたのは気づいていましたが…ついに見てしまったのです。

…夜中に部屋で私のストッキングを付けてパンティーの匂いをかいでオチンポをしごいて腰を動かしているところ…

それも今日履いていた汚れのひどいものです。

私たまに自分の匂いを嗅いでしまう事があります。

したくなるとそういう癖が自然にでてしまって…

洗濯籠の中の息子のボクサーパンツを取り上げあそこに擦り付けてオナニーをしたりします。

息子の姿を見た私は頭が真っ白になってしまいました…

 

テーマ : 【近親相姦】☆禁断の世界へ☆【母子相姦】    ジャンル : アダルト

兄に車内で


Category: 兄妹/姉弟   Tags: ---
犯されました。先日、親戚の葬式があり、学校だった私と仕事だった兄は、両親のあとから親戚の家にむかいました。

葬式が終わり、両親はそのまま親戚宅に残り、兄と私は帰ることになりました。

親戚宅と自宅は車で一時間半くらいかかるのでしが、途中は峠道のところがあります。

兄は「近道していこう」と車を知らない脇道に入れました。

すると兄はいきなり私に襲いかかってきました。

葬式のため、学校の制服姿の私でした。

必死にもがいたのですが、狭い車の中で押さえつけられて動けませんでした。

兄は肘を押しつけるように私の首をしめました。

(死にたくない)本当に恐ろしくなり、私は兄に向かって頭を少し動かして、うなずくようにしました。

すると兄は腕を緩めました。

シートを倒され、制服は脱がされ、ブラジャーを取られる時に思わず少し抵抗してしまったら、髪の毛を引っ張られ、頭をシートに叩きつけられました。

 

テーマ : 近親相姦    ジャンル : アダルト

オナニー


Category: 父娘/母子   Tags: ---
私は45才の真弓です。42才の主人と15才の息子と11才の娘の四人家族です。
私、恥ずかしいけどこの一年くらい、毎日オナニーをかかさずします。
欲求不満というわけじゃないと思うんですが。主人とも月に二回くらいセックスしてますし、同じ年くらいの夫婦の中では、まあまあしてるほうだと思います。
私がオナニーする前に用意するもの、息子のオナニー済みティッシュ(毎日息子の部屋には新鮮なヌルヌルティッシュがゴミ箱にある)と息子と娘の洗濯前の下着。
息子の部屋にヌルヌルティッシュを取りにいくだけで、私はパンツを湿らせます。洗濯物の中から息子と娘の下着を取ると、もう糸引くくらい濡れてます。
そして息子や娘に愛撫されてる自分の姿を想像してオナニーします。

 

テーマ : 【近親相姦】☆禁断の世界へ☆【母子相姦】    ジャンル : アダルト

ヤンキーのいとこ


Category: 兄妹/姉弟   Tags: ---
最近、いとこの女の子が不良グループにマワされそうになったらしく、一人暮らししている俺のアパートに避難してきた。
その女の子は仮にゆみとしておきます。
ゆみは子供の頃からよく遊んだ記憶があるけど、まさかヤンキーになっているとは思わなかった。
ゆみはヤンキーのグループと付き合いがあったらしく、1人で遊びに行ったら突然マワされそうになったから逃げてきたらしい。地元じゃ危険だからと、アパートに避難したらしい。
俺はゆみのために食べ物やジュースを買ってきた。
ゆみは窓に近づこうともしない。よっぽど怖かったんだろう。
ゆみは知らないうちにかなりやんちゃしてたらしく、警察にもお世話になったらしい。
俺はヤンキーよりも普通の女の子の方が好きだったけど、ゆみをしばらく預かる事にした。
記憶の中のゆみは、まだ子供だったけど、17才になったゆみは十分大人の身体だった。
シャツの下の胸は大きく、またスタイルもバツグン。ヤンキーじゃなかったら俺が襲っているところだった。
「先にシャワー使って。洗濯物は洗濯機に入れてね」
「ありがとう・・・」
ゆみは小さな声でそう言ってユニットバスに入った。
シャワーの音がすると、石けんの匂いが漂ってきた。
俺はゆみに何があったか聞けなかった。
俺の事をお兄ちゃんと呼んで、なついていたゆみがヤンキーでしかも不良グループと付き合うなんて信じられなかった。
しばらくすると、ゆみがパジャマ姿で現れた。
「!?ゆ、ゆみちゃんか!」

 

テーマ : 近親相姦    ジャンル : アダルト

07 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

06

08


 

 
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。